2019年01月01日

画像置場。

日記に載せきれなかった画像の置き場(flickr)を設けました。
主に勘太や庭の写真になります。
特に日記に書く事がない時など、こことは別に更新していけたらと思ってます。
宜しければ覗いてやって下さい(ㆁᴗㆁ✿)   画像置き場

***写真(カメラ・レンズ)の話題が頻繁ではありますが、本来当ブログは写真の趣味に特化したブログではなく
当方の知識も浅く、覗いて下さる方も写真やレンズに詳しいわけではありません。
検索等で写真から辿り着いて下さる方もおられる事と思いますが、その点ご理解頂けますと幸いです。
posted by kano at 00:00| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

主にアジサイ

LUMIX GX7MK2 + cooke speed panchro 50o F2
P1020105
母が庭のアジサイでアレンジメントしたもの。
うちにはアジサイが大小合わせて50株あって殆ど母が挿し木で育てたそう。
母は草花に関わる仕事に就いたらよかったのに…という緑の手の持ち主ですが
私は全く引き継げなかったみたいで残念。。。
撮影は久々の初代パンクロ50。色んなレンズが増えに増えたけど
手持ちの中で五本の指に入る気に入ってるレンズの一つ。
小さい画像だと他との違いがそんなにわからないけど
オリジナルサイズで見ると花びらの感触まで想像できるような写りで
本当に凄いレンズだと思う。

P1020055
前回の画像ではまだ蕾だった品種不明の黄色いバラ。
場所は同じでどちらも日中の撮影だけど全然違う雰囲気で撮れました。

P1020012
ガクアジサイ。うちのアジサイの中で一番華やかで
写真を撮る際の日照的にいい位置にあるアジサイ。
実はスズメバチが巣を作ってた椿の前にありますが
無事父が駆除した後に撮りました( •́ .̫ •̀, )
見つけるのが早くて、兵隊蜂が巣立つ前の巣だったので何とか業者や役所の
手を借りる事無く駆除出来ました。
あの近辺をよくうろついてた5p近くありそうなデカいやつは女王蜂だったのかも。
最初は女王蜂が全部一人でやりくりするらしいです。
そして忙しいからか女王蜂の攻撃性は♂のスズメバチより少ないないそうです。
ご心配下さった方もいらして申し訳ありませんでした。(ありがとうございます!)

LUMIX GM5 + Lensbaby Composer Pro with Sweet 50
P1010681
↑のと同じアジサイを別レンズで。
珍しくオールドレンズじゃない現代のレンズです。
トイカメラみたいに色んな効果を備えたレンズを作ってる米国のメーカーで
今回ゲットしたものも、鏡胴が上下左右に曲げられるティルト式のもので
1カ所にピントを合わせた後、鏡胴を動かす事で
フォーカス部分以外のところがおもしろいボケ方をします。
漫画の集中線みたいにスピード感を感じるようなボケも出来ますが
あえてその効果は控えめに撮ってみました。それでも後ろの光が少し流れてて面白い

P1010754
全く鏡胴を動かさないで撮った一枚。普通に撮ってもなかなかいい感じに撮れる。
この蝶々、顔や等身がすごく可愛い。。。花は白アジサイ。

P1010692
前から興味があったレンズでしたが、何故かマイクロフォーサーズマウントのだけ
他マウントよりすごく安くなってて残り1個だったので買ってしまった…という
衝動買い的なきっかけでしたが、結構気に入ってます。
同メーカーの違う効果のあるレンズも欲しくなってきました

P1010715

nikonDF + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
DSC_5892
最後に勘太さん。
暑くなってきたのでベッドには乗らず肘だけかけて寝る事が多いです。
勘太は「自分の物」と思ってる物にはすごい執着を持ってて
ベッドカバーを替えたり外に干そうとすると、着いてきて監視されます。。。
特に文吾のお下がりの別荘(ホームセンターで買った既にボロボロのベッド)は
一度「捨てよっか」と母と話してるのを聴かれてしまったせいか
走ってくる勢いで監視されます・笑
posted by kano at 00:19| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

アジサイの季節到来…

nikonDF + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
DSC_5887
カシワバアジサイ
すごく久々にDFとAFレンズで撮影。
AFは便利だけどなかなか思ったところにピントが合ってくれなかったり
ズームレンズじゃないので寄れなかったりで
静物を撮るならやっぱり手動+ヘリコイド付きアダプタでのダブルヘリコイド使いの方が
いいなぁと思ってしまった
でもこのレンズはやっぱり好き。なかなか思うように撮れなかったカシワバアジサイが
やっといい感じで撮れた気がする

DSC_5880
ラベンダー
ピントが微妙だけど全体的な雰囲気は気に入ってる1枚

LUMIX GM5 + illuminar 25mm f 1.4 (peridot)
P1010624
品種不明のバラ。またilluminarで
この特徴的な玉ボケは飽きがくるのも早いけど
玉ボケ以外のところでたまに面白い感じで撮れるのでもうちょっと色々試してみたい

P1010613
アンジェラ

P1010608
ガクアジサイ

LUMIX GM5 + Cooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P1010598
ヒメヒオウギ

P1010577
キョウカノコ

P1010606-3
?

↑の三つの画像を撮ったレンズCooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P1010818
かなり使いこまれた感じのものですが、フィルターアダプター付きが魅力でゲット。
古いシネレンズは口径の情報が殆ど無いので、探したり試したりの手間や浪費を省けるのは
本当にありがたいです。
付いてたフィルターはモノクロ撮影用のオレンジフィルターだったので
UVフィルターだけ探してきました。

P1010827
実は小さなカビ持ちレンズなのを承知で買いました。
レンズの清掃を業者さんに頼もうと思ってたんですが、思いの外綺麗なレンズで
目視も難しい小さなカビがリアレンズに2個うっすらあるのみ。
すごくクリアで塵の混入も極小。
カビが広がるのが怖くて着けっぱや他のレンズと一緒に収納出来ないのが難点ですが
現状で十分使えるので、清掃に出そうか悩む。。。
今は密封容器に防カビ剤+乾燥剤を入れて仕舞ってますが
気に入ってるレンズなのでやっぱり着けっぱが出来るようにしたいなぁ

P1010842
同じTAYLOR HOBSON社のIvotal装着のPEN-Fと並べて撮影
カメラベース装着したのでGM5の小ささは…わかりにくいかな( •́ .̫ •̀, )

ところで。庭の椿の木にスズメバチが巣を作っててヤバい。
まだ小さな巣だけどこれって素人が処理できるものなんだろうか?

posted by kano at 00:00| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

雨ふり

LUMIX GM5 + Cooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P1010559
オオギボシ。
大きくて迫力のある植物だけど、どう写真に撮ったらいいか迷ってなかなか撮れなかった花。
雨で葉っぱの上に倒れてる様がファンタジーちっくな動物に…見えるような見えないような


P1010523
品種不明(品種がわからないまま植えたバラとのこと)
他にも数種、品種不明のバラがうちにありますが
確固たる個性のあるバラ以外は、色・葉っぱ・咲き方が酷似してるものがたくさんあるので
かなり詳しい人に実物を見て貰わない限りおそらくずっとわからないまま…
ツルシンデレラと似て一房に花がたくさん付くので華やかに見えるバラ。
華やかな反面、一房のうち一輪でも枯れて汚いと写真に撮りにくくなってしまうので
1、2個咲いて周りが蕾の時が一番撮り頃

雨がやんで即晴れてくれると水滴がキラキラして綺麗なボケが撮れるもんですが
残念ながら曇ったままだった
そんな天気なのに蜂が活発で使ったカメラも防水じゃないのでビクビクしながら撮影
スキンガードのおかげで蚊は大丈夫だった
posted by kano at 14:22| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

引き続き5月の花

LUMIX GM5 + illuminar 25mm f 1.4 (peridot)
P1010287
前回に引き続き、細工レンズilluminarで。
このバラ、庭のどの辺で撮ったか思い出せず、種類が不明です。
形を見比べる限りツルシンデレラっぽい??この色のバラが多すぎて。。。( •́ .̫ •̀, )
たぶん母に確認して貰えたら判明するかと…

P1010325
漫画に出てきそうな完璧造形のバラ、ツルシンデレラ。
咲き始めから満開までの過程それぞれで雰囲気が変わってゆき
且つどの形もそれぞれの良さがあって好き。
一塊でたくさん花をつけるのもゴージャス感あります。
咲きかけの頃も可憐な感じでいいけどこの最終形態(言い方…)も
華やかで撮りごたえあります。

LUMIX GM5 + KERN MACRO-SWITAR H16 RX 50mm F1.4
P1010466
キングというすごい名前のバラ・笑
名前はすごいけどアンジェラ辺りと似たタイプの小さなバラ。
株が結構大きくなってて見事なんだけど隣家に接した位置に咲いてて
今までなかなかうまく撮れなかった為、今回初お目見えです

P1010388
ホタルブクロ(白)。ピンクは昨年たくさん撮ったけど白は初画像だと思う。
実は紫もあり、紫の方が大きな株がいっぱいあるんですが
場所の問題とか画像映えの関係で紫だけまだ。。。
終わりかけてるので紫はまた来年にでも…

P1010433
アマリリス再び。今回のレンズMACRO-SWITARは
だいぶ前にゲットして外観なんかは紹介したものの
当時レンズお迎えラッシュだったりで、試写以降何故かなかなか使えずにいたレンズ。
ソフトなボケに定評のあるレンズですが、今回はこのレンズらしさはいまいち出せてないかも
これからたくさん使っていきたいです。

PEN-F + cooke IVOTAL 50o F1.4
P5230102-3
ウベコマチ。群生がすごく綺麗で可愛い超小ぶりなバラですが
アップばっかり撮ってしまってる…花一個一個も勿論可愛いんですけど


前回、牡丹と紹介したものがシャクヤクだったので訂正しました。
一応母に確認したりでできる限り花の品種名も書くようにしてますが
私自身全く植物に詳しくないのでたまに間違いますがご容赦下さいませ┏○))
そうこうしてるうちにそろそろアジサイの季節到来です。
今年こそカシワバアジサイを撮りたいけど…うまく撮れるといいなぁ

posted by kano at 01:15| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

変化球レンズ

LUMIX GM5 + illuminar 25mm f 1.4 (peridot)
P1010248-2
去年入手していた変わり種レンズをやっと使ってみました。
レンズの中にカッティングされたイミテーションの石が入ってるというレンズ。
もとはCマウントの凡庸なシネレンズ(TVレンズ)に上記の細工が施されていて
トイカメラちっくな風合いで撮れるというもの。
イミテーションの石にはペリドットの他にも数種ありましたが
被写体の色味があまり損なわれず効果を楽しめるペリドットを選びました。
バラはツルシンデレラ。

P1010316
中の石が反射して通常のレンズでは発生しない感じの変わったフレアやボケが発生します。
なかなかうまく撮れず終わりかけになってたシャクヤク。何とか撮れました

P1010265
名前が出てきそうで出てこない花…何だっけ

P1010280
アンジェラ。今庭で最も満開のバラ。小ぶりだけどものすごく大きな株になってます
…が、全体が撮れてなくて伝わらない( •́ .̫ •̀, )

P1010229
ピエール・ド・ロンサール
このレンズにしては大人しめに撮れた1枚。
トイカメラちっくではあるけど、フォーカス部分はしっかり撮れるので
オリジナルサイズで見ても破綻無く、メリハリもきいてて面白いレンズだと思う。
またたまに使ってみたいです
posted by kano at 01:33| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

花 * 5月

LUMIX GM5 + Cooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P1010138
アマリリス
去年は鉢の位置がイマイチでうまく撮れなかったアマリリス。
鉢は一人で運べないぐらい大きなもので赤白混色と赤の二種で一鉢。
今回は西日がいい感じに照るところに鉢があったので面白い感じに撮れました。
kinicのグルボケ背景もなかなか効果的

P1000591
クレマチス
こっちはkinicにしては珍しくグルボケ控えめ。F4ぐらいに絞って撮ったと思うので
花もパキッと写ってます

LUMIX GM5 + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot
P1010094
ハンス・ゲーネバイン
すごく可愛いバラですが、傷んでくると紫の斑点が出てくるので綺麗な時期が短い

P1000785
イチゴ

P1000720
ナデシコ系

P1010032
エケベリア

P1000841
セッコク。前に母が「こんな大株に育ってるのは珍しい」と自慢げに持ってきたのに
当時6分咲き、且つ全体がうまく撮れなかったのでリベンジ。
満開になるとなかなか綺麗でした。

P1000873
バラ(品種不明)
改めてBiotarの写りは多様で好き。撮ってる時はそれ程じゃなくても
撮れたものを後で見た時にいいなぁ、と思えるものが多い気がする
色味やコントラストも良くてほぼ撮って出しです。

PEN-F + cooke IVOTAL 50o F1.4
P5190020
アンジェラ
今回初撮りのCooke Ivotal。kinicの画像を見て回ってる時に
こっちのレンズの作例群もかなり気に入ってしまい、入手。
CマウントからライカMマウントに改造されたものなので
ヘリコイド付きライカMアダプターと合わせると更に寄れて満足。

P5200085
パレード

P5102037
ラベンダー

P5102012
ウベコマチ

P5112159
?

P5200061
レインボー・リバー

P5102034
?

P5102052
レースフラワー

P5200066
イチゴ
植物としてじゃなく、初めて果実として美味しそうにとれたかも…な1枚・笑
Ivotalもボケとフォーカス部分のメリハリが絶妙で
なんてことない被写体がいい感じに撮れる確率高し…すごく気に入ってます

posted by kano at 21:53| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

花 * 詰め合わせ2

LUMIX GM5 + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot
P1000512
クレマチス

LUMIX GM5 + Cooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P1000670
ラナンキュラス

P1000699
ラナンキュラス

P1000639
セッコク
写真を撮ってたら母が撮って欲しそうに持ってきたこの花(鉢植え)
こんなに大株に育ってるのは珍しいと自慢げだったのに
株全体がわかりにくい写真でごめん。。。( •́ .̫ •̀, )
「東北地方南部以南の山地や岩場に見られる小型の着生ランでデンドロビウムの仲間」とのこと。
見た目割と地味ですがちょっとレアな蘭みたいです
蕾はギンギアナムに似てカシューナッツみたいでおいしそう
posted by kano at 19:25| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

花 * 詰め合わせ

LUMIX GM5 + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot
P1000252
近場の公園付近のゲートボール場の藤棚。
近場と言っても車で15分ぐらいの場所。久々に勘太を連れて行ったついでに…
というか、そろそろあそこの藤が咲いてる頃だなーとついでに勘太を( •́ .̫ •̀, )

P1000261
野生の山藤の方は終わりかけでしたが、こちらは一番見頃でした。
白いのもあったけどそっちはいまいち満足に撮れなかった。白い花って難しい。。。
今回はBiotarをつけたGM5を持っていきました。
コンデジサイズの小さなカメラなので楽々持ち歩ける。軽いっていいな

以下、庭です。
P1000449
ジャーマン・アイリス。咲き始めで一番綺麗ですが
群生だとちょっとグロめに見えるので単体で。それでもデーン。べろーん。て感じ…
色調節無し。微妙な色だけど見たままの色で撮れてると思う。

P1000444
正式名はわからないけどオダマキの一種かな

P1000420
カッコウセンノウ。
Biotarのボケは特徴がないようなあるような…
ただ他のレンズよりちょっと好みに撮れる事が多い気がします。

LUMIX GX7+ cooke speed panchro ser.U 40oF2
P1920132
安定のパンクロ40。
多少調整でハイライトを抑えたけど撮って出しでもいい感じだった。
花はシンビジューム

P1920151
デンドロビウム。
ピントは真ん中の巻いてる花弁のトゲトゲに合っている…

LUMIX GX7MK2 + MeyerOptik TRIOPLAN 75o F2.8
P1010516
ちょっと前に撮ってたスノー・フレークと水仙。
トリオプラン75も好みに撮れる事が多くて相変わらずつけっぱです
posted by kano at 05:56| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

撮りだめ色々2

LUMIX GX7 + Cooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P1910861
パンクロと同じイギリスのメーカーTaylor & Hobson社のCooke Kinic
久々にすごく欲しくなったレンズ。
デフォルトでぐるボケするレンズは他にも結構あるけど
このレンズはフォーカス部分のシャープさや描写が抜きん出てて
ぐるボケが癖というより効果っぽく感じられる

P1910863
同じKinic 25o F1.5 でもノンコートとコーテッドの2種類ある。
発色が鮮やかなコーテッドの方をゲット。
鏡胴のデザインもコーテッドの方が好みだった
今回の画像も微調整のみのほぼ撮って出しですが色のりがかなり鮮やかです
でも引きアングルだとちょっと酔いそうな程のぐるボケ…( •́ .̫ •̀, )


P1910884
やはりぐるぐるしている


PEN-F + Cooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P4101935
ここからはボディがPEN-Fの画像。
PEN-Fで気に入ってるエフェクト、ビンテージVという
ちょっとアンティークな風合いで撮れる効果をつけて撮ったクリスマスローズ。


P4101912
エフェクト無し。開放かちょっと絞っただけでも結構シャープに撮れる。
寄れるので花やテーブル上の小物や料理を撮るのにも適してます。
初めてテスト撮りしたのは机の上のマウスだったけど
そんなどうでもいい被写体でもこのレンズはすごい!と思えるものがありました。
花の画像もいいけど、実は他の方が撮った暗めの室内でのグラスや料理なんかの画像が
特に気に入ったのもあったので、今度はそういうのも撮ってみたい。
フォーカス部分の存在感?立体感?というか目の前にあるような生々しさが秀逸なのです。

P4101923
シャクナゲ。
これは一個奥の花のしべにフォーカスが合ってるので一見ボケてるけと
ボケてる部分もなんかいい。そして色が本当に鮮やか。

いつも「これは…」というレンズを見つけた時は
色んな方がそのレンズで撮った画像を見まくります。
(お一方のだけだと単にその画像を撮った人の腕がいいだけかもしれないので)
このレンズは誰の作例を見ても気に入ったので間違いない!と思い入手してみましたが
期待通りだった! 鏡胴も小さくて軽くてカッコいいので気に入ってます。


ところで。
前回の仕事で初めてハズキルーペを使ってみましたが…
もうこれ無しでは描けない…と思うぐらい捗った(特にペン入れとトーン貼り)
20〜30pくらいに焦点が合う1.85倍のものがデスクワークにはベストです。
が…細かいとこも見えすぎて一生懸命やってしまうので
目も神経もいつもより疲れた気がする。
後でドッと疲れがやってくる感じがまるでドーピングか麻薬をやってるよう。。。( •́ .̫ •̀, )
あと机から目をはなすとクラクラして酔いかけたこと度々。
ずらし気味にかけて、机以外を見る時は常に上目でルーペを通さないように見るようにして
何とかなりました。慣れが必要かな…
車の免許更新時に左目の視力がかなり落ちてるのがわかったので
いよいよ眼鏡かなーと思ってましたが、とりあえずハズキルーペで仕事は何とかなりそう

posted by kano at 23:27| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする