2016年07月05日

またもやレンズ。。。

P7050145
PEN-F + Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15/F1.7
中に居る金魚が写せなくてちょっと残念な一枚…

せっかく軽いPEN-Fなのでコンデジちっくな使い方もしてみたく
AFレンズをつけてみました。
AF楽。。。ファインダーいちいち覗かなくてもピントがくるので
失敗出来ない・時間制限有りな旅先なんかには俄然AFなんだろうな。
旅に出ないのでやっぱり庭先画像なんですが(--;
レンズはライカ監修のパナソニック製。
PEN-Fはオリンパス製ですが、パナと同じマイクロフォーサーズマウントなので
使えます。オリンパスさんはボディはスタイリッシュだけど
レンズ外観が80〜90年代風(?)というか、微妙なダサさでどうしても選べず
(いっそ60〜70年代だとかっこいいと思える)
でもAF欲しいな…と思ってるところにパナライカを見つけました。
画像にも外観にもちゃんとライカっぽさが備わっててこれは満足。
DFの為にゲットしたライカ純正レンズもあるけど
ライカテイストをAFで…軽量小型レンズで…というところが重要
なのでした。

P7050139
ライカっぽさ…という割にPEN-Fでエフェクトかけて映してしまいましたが…

P7050108
これがエフェクト無しのほぼ撮って出し画像。
邪魔にならない素直なボケ具合がいい感じです。
多肉植物の微妙な色味もナチュラルに出てていい。

最後におまけの勘太さん。
DSC_1364
PEN-F + CarlZeiss MAKRO-PLANAR
あんまりピントきてないせいでぬいぐるみ感マシマシの勘太。
勘太さんは最近隠しっこ(隠したおもちゃを探す遊び)にはまっていて
ものすごい執念で探します。鬼捜査官・勘太…
身体検査でポケットの中まで探られる(怖)
投げて遊ぶ時よりすんなり手渡してくれる辺り(早く隠して欲しいらしい)
この遊びがかなり好きみたいです。

posted by kano at 22:35| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする