2018年02月24日

ありがとうございました!+オリンピック話

PEN-F + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot
P2181487
今年もバレンタインチョコを頂きました(๑→ܫ←)
キャラへのメッセージやお手紙と共に送って下さった方々、ありがとうございました!
忍、浩太、牧、喜んでおります!

P2181493
画像はN様から牧に頂いた手作りチョコ
お一方のだけ取り上げるのは贔屓のようで申し訳ないですが
ショコラティエ級のこの出来映えを我が家だけで拝見するのはもったいなく…

P2181526
お洒落に撮ろうと心がけたらいまいちチョコの細工の細かさ美しさや
美味しそうなとこが犠牲になった気がしますが…

***********

オリンピック話。
◆フィギュア男子シングル
もしかしてもしかすると…と淡く期待していたワンツーフィニッシュが実現!
羽生・宇野両選手、おめでとうございます!!
羽生君のど根性無転倒フリー凄かったですね!
フリー宇野君も冒頭の4Lo転倒では肝が冷えましたが、その後の立て直しと
後半怒濤のコンボには胸熱でありました。。。
世間では羽生選手フィーバーなのであえて宇野選手話…
何と言っても今季、ショーに競技に皆勤賞で直前の四大陸、五輪団体戦と息つく間もない中
トップ選手の羽生君に負けず劣らずな活躍で日本男子シングルを支えてきた宇野君に
お疲れ様と言いたいです(いやまだ世選が残ってる…)
現最高難度の4Lzを複数跳んですら台乗りがかなわなかった選手がいる中、
メダリスト中ただ一人、まだ一握りの選手しか取り入れられずにいる4loに挑み
4Fを降りた事にも感動しました。
幼少期の宇野君をショーで見る度
『この子めちゃくちゃ上手いけど、中々大きくならないなぁ』などと
失礼な事を思っていた頃を思いだすとものすごく感慨深い。。。

今回優勝候補と言われながら、団体戦・シングルショートと不調だった
ネイサン・チェン選手のフリーでの怒濤の巻き返しにも感動。
ソチの真央ちゃんを見てるようだった…
困難な状況でもいつも朗らかさを絶やさなかったボーヤン選手が泣いている姿にも
ぐっときました。
団体戦ではどうなることか…と思いましたが今大会の男子シングルはソチ以上に
熱い展開だったなぁ。。。

◆女子シングル
新潟代表のザキトワ・メドベデワ両選手のワンツーも熱かった!
***ロシア選手の一部は新潟県で直前まで調整されてました。賢明な…
もう新潟代表と思う事にする( •́ .̫ •̀, )おめでとう!
女子シングル金銀はこのお二方に決まっていたようなものなので
事実上、銅を争う大会だったわけですが。。。
宮原さんも坂本さんも初出場のプレッシャーの中これ以上無い程出し切った演技で
メダルに届かなくても私の中では1,2フィニッシュでありました。
魅せるプログラムとしての完成度は宮原さんが今大会一番であり
坂本さんのスケールの大きい滑りは今後の期待値ナンバーワン選手だ!と思いました。
(はぁ…PCSはもっともっと高くても良かったのじゃなかろうか←心の声)

印象深かったのはメドベデワ選手の涙かな。
故障前の負け知らずだった彼女は演技後も飄々としている印象で
こんな彼女の姿は想像だにしなかった。
当り前だけど並々ならぬ努力をしてきたんだな…と
かつて彼女の同門であったリプニツカヤ元選手の涙なども思い出していました。
メドベデワ選手はまだまだ次回も狙える若さではあるけれども
個人的に、記憶に残っている選手は大体銀メダリストなので
なんとなく、彼女の銀にも納得している。
posted by kano at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2本目のrobotマウントレンズ。

OLYMPUS PEN-F + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot
P2201598
Schneider XENONに続いて2本目のrobotマウントレンズを入手。
Carl Zeiss Biotar 40o F2で撮影。
既に持っているロシアレンズHelios-44Mや44-2は、このBiotar(ドイツレンズ)の
コピーだと言われてます。そう言えばボケ具合が似ているような。

P2211678
少し彩度低めのグリーンがかったような画像は、PEN-F内蔵のエフェクト使用。
少し古い写真のような風合いになります。

P2211663
花はラナンキュラス。上の赤いのと色違いになります。

P1010070
OLYMPUS PEN-F + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot (撮影: LUMIX GX7MK2 + Jupiter-3 50oF1.5)
同じrobotマウントのSchneider Xenon 40mmF1.9より一回り小さな鏡胴。
外観はかなり綺麗だけど光学はほんの少し薄曇りがあるかな。
手に入りにくいレンズなので許容範囲

P1010082
コピーレンズと言われるHelios44Mや44-2はレンズがゴツくて重たいので
ミラーレスにはこのサイズの方がありがたい。
指標がカラフルでロゴが可愛いのもrobotレンズの魅力。
XENONの純正フィルタやフードが流用できるのを期待してましたが
XENONより小さかったので口径を計ってみたら、33o!
つい先日TRIOPLAN75の為に33oのフィルタやフードを入手したばかりなので
試してみたところピッタリでした。同じシルバーで見た目も違和感無し。

posted by kano at 15:50| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

フィルターをつけたいという拘り…

***マニアックなオタ話なのでスルー推奨です^^;最後にちらっとオリンピック話してます
PEN-F + Xenon 40mm F1.9 Robotで撮影
P2131351
貧乏性だから極力レンズが汚れないように使いたい…というのもあるんですが
このレンズ(TRIOPLAN75)は1933年生まれの古いレンズでノンコートなので
できればUVフィルタをつけたいところ。
フィルタサイズが31oという超マイナーなサイズだという事はつきとめ済なので
あれこれ探してたわけですが…

P2131358
この二本のレンズ、同時代の同型(同じTRIOPLAN75oF2.8でも形が違うものがある)なのに
個体差により、新しく入手した方には一部の30.5oが流用でき
1本目に入手した方は30.5oが小さすぎて嵌まらない事が判明。
ドイツ製にしてはらしくない大きな個体差です。
30.5oは割とポピュラーなサイズで普通に日本のカメラ屋でも手に入るので助かる。
でも同じレンズなのに同じフィルタやフードが流用出来ないとはちょっと悩ましい。。。
…という事で、31oのフィルタアダプタ(ステップアップリング)を見つけたので入手してみた。
これでどっちにも同じものがつくはず!そしてよりポピュラーな34oか37o辺りが
使えるはず!!と思ったのですが…
このフィルタアダプタ自体が古い時代のものなのでまた難しいサイズにステップアップ
しただけだった。今度は33o( •́ .̫ •̀, )
31oよりは手に入りやすいものの、これだってなかなか無い。
特にUVフィルタはなかなか市場にも出てこない。
…と思ってたら、以前PO3-3Mのアレコレを探してた時に買って失敗した
33→37oのステップアップリングを持ってた事を思い出しました。
そんなわけで、ステップアップリングの重ね付けで現代に市販されてるサイズが
つくようになったわけですが。。。

思い出したのが遅く、これまた古い33oのスカイライトフィルタとフードを
買ってしまってた( •́ .̫ •̀, )→画像はこの仕様。
フードがなかなか綺麗でカッコいいので暫くはこれで使ってみる事に。

古いレンズを自分好みの装備にしようとすると結構大変なのですが
(特に私が好きなのは古いシネレンズなのでフィルタサイズが大抵不明)
探してるうちに色々失敗しつつも発見があって楽しい。
今回は…
◆昔のカメラアクセサリメーカーはフィルタ経の近いものをまとめて
シリーズナンバーで分けていたっぽい
◆シリーズナンバーでの分類は他メーカーも共通で、メーカー違いでも
シリーズナンバーを合わせれば互換する場合があるっぽい
…というあたりが何となくわかりました。
今回はtiffen社のフィルタアダプタが「シリーズ5」だったので
enteco社のシリーズ5のフードを博打で買ってみました(口径表示は無かった)が
ぴったりだったのでそういう事かな…と。

もしかしたらこのアレコレ探してる時が撮影以上に楽しいのかもしれない。。。
オタク気質というかコレクター気質というか…女の趣味としてはどうなんだろう
という自覚は一応あります(´・ω・`)

オリンピックのアレコレを書きたいけど既に長文になってるので箇条書きで
・宇野君のセンセーショナルなオリンピックデビュー!すごい!
・シングルまで間もない中チャン選手とコリヤダ選手の連投に驚き。両国の本気度が伝わってきた
 二人ともフリーで挽回できて嬉しいメダルになって良かった!
・宮原さんの得点に疑問。。。
・未来ちゃんの3A!!素晴らしい
・日本勢の皆が団体の経験を活かしていい結果が出せますように!
 (須崎・木原ペア、フリー進出ならずでしたが、シーズンベストおめでとう!
 ペア結成から間もない二人のこれからに期待)
・他競技で続々メダル獲得!嬉しい。フィギュアもあやかれますように(-人-)

今更だけどオリンピックでブラウン選手が見れないのは残念だなぁ
posted by kano at 19:18| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

早く寝るべき…

OLYMPUS PEN-F + Xenon 40mm F1.9 Robot
P2051270
テキスト続きだと味気ないのでペタリ。花はギンギアナム。
ようやくrobotの純正UVフィルタが手に入ってウキウキで撮影。
でも撮るものがない。。。既に結構撮っているギンギアナムがこの寒い中
頑張って咲いてます。もっとたくさん蕾がついている別の鉢があるので
花は同じ(色も同じ)だけど楽しみ。

明日(というか今日)オリンピック団体戦男子ショートです。
すごく豪華な顔ぶれ。でも団体戦はおそらくメダルは望めないので
正直、力配分考えて調整のつもりでやって欲しいところ。。。
と思ったところできっと日本勢は全力でやってしまうのだろうなぁ( •́ .̫ •̀, )
頑張れ!

平昌…関係者が集団でノロとか恐ろしいニュースを見ましたが
できれば選手村の食事はとらないで欲しい…
極寒の中、部屋の暖房が入ってなかったり既に色々と不具合も起きてるようだし
試合以外のとこでこんなに心配させられるオリンピックもなかなか無い。
平昌はよく選ばれたもんだなぁ
とりあえず明日寝過ごさないようにそろそろ寝よう
posted by kano at 04:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

神ペン先

予定通りに事を進められなかった私自身のせいではあるのですが
先月〜今月頭、ほん……とうに厳しいスケジュールとなりまして
今安堵の中、日記を書けている事に感謝
ご心配とご迷惑をおかけした担当様方はじめ編集部の皆さん
そして印刷屋様方に何よりも感謝であります。

あと…あと今回二本の漫画に跨がり主力となってくれた神ペン先…
一年に一度出会えるかどうか、という神ペン先にこのタイミングで出会えたのは
ものすごい幸運でありました。
手が全く疲れず、思うように描ける夢のようなペン先だった。。。
そして2本目の漫画のペン入れが三分の二程驚異的に進み
「もしかして…間に合うのでは?」と思った矢先に
『後は自力で頑張れ』とでもいうように、まるで寿命のように
パタッと役目を終えたペン先さん

普通はだんだん書き味が悪くなって廃棄…というのが常ですが
神ペンさんは本当に寿命のようにパタッとインクが降りてこなくなり
一切描けなくなったのでした。

必死で延命しようと試みたけれど全く駄目で
もしかしたらそれまでにも限界がきていたところを
乗り越えてくれてたのかもしれず、涙をのんで廃棄。
去り際まで何だかかっこいい神ペンさんだった

試し書きの一筆で廃棄するペン先も少なくない中
なんと80P近くも頑張ってくれたのでした。すごい。
すごいが…ゼブラさん、全部この品質にはならないもんだろうか?
20年以上使っているゼブラの丸ペンだけど
未だにペン入れの苦手意識が無くなりません…( •́ .̫ •̀, )
posted by kano at 06:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする