2017年12月01日

秋庭7

LUMIX GX7 markU + cooke speed panchro ser.U 40o F2
P1000458-1
バラ(パレード)。 レンズは使用頻度一番のパンクロ40
寄れるしコンパクトだし、かっちりした記録写真から美麗ボケまで何でも撮れるレンズ。
個人改造品ですが、こんなに軽量コンパクトで扱いやすいパンクロ40はほんとに珍しいと
思うので今でもお譲り下さった方には感謝感謝です。。。

PEN-F + KMZ PO3-3M 50oF2
PB271051-1
ネリネ。レンズは2本目のPO3-3Mです。
ヘリコイドアダプターで使いたくなってしまい
L39マウントの物を改めて入手→ライカMに変換してヘリコイドアダプターに乗せました。
今回のPO3-3Mはレンズ自体のヘリコイドもスムーズで扱いやすい。
でももしかしたらフォーカスの精度的には1本目の方がいいかも。
1本目もL39改造ではあるけどそこに着脱不可の状態でマイクロフォーサーズの
アダプターがついてるんですよね…(接着剤で固定してるっぽい)
1本目入手当時はL39の有用性に気づいてなかったから
手っ取り早くつくマイクロフォーサーズマウントに飛びついてしまったのだった。。。
1本目も気に入ってるけど、やっぱ寄れないと面白さが半減してしまう

PB271194-1-2
サザンカ。よく見ると蜂が顔出して覗いてます。

LUMIX GX7 + MeyerOptik TRIOPLAN 75o F2.8
P1910436-1
ナンテン(葉のみ)

P1910516-1-2
小菊。実はこのトリオプラン75oも2本目の到着待ち状態です。
トリオプランの王道はM42マウントがある50oや100oで
Cマウントのこのレンズは古くて(1933年製造)ノンコートだし
フォーカス精度的にもそれ程でなく、マニアックな部類かと思うのですが
何か妙に気に入ってます。目視で見るのと違う空気感や質感が出るというのかな…
2本目もかなりいい状態のものなので個体差も含め楽しみ。

…突然ですがまたフィギュアな話。
宇野選手・樋口選手、GPF出場決定めでたいですね!
特に樋口選手は最後の最後まで出場決定成るかわからない状態だったので
決まった時は嬉しかった。
直近のGPS最終戦スケートアメリカは…リアルタイムで見れず動画で
気になる選手のみ個別で見た状態ですが
色々ありすぎて驚きました…より高度な技術が要求されるようになり
選手それぞれの疲弊もあったのでしょうが
これは…リンクが呪われているの? と思うくらいでした(特に男子)
とりあえずリッポン選手は滑りきり、台乗り良かったですな。
女子はN杯の鬱憤をはらすような宮原選手・坂本選手のワンツーフィニッシュで
良かったですね!二人の頑張りが樋口選手のGPF出場を助けた形にもなってて
よかったよかった…
ちょっとだけ気になったのはツルスカヤ選手のフリーの得点が低すぎた気がする点。
ショートのミスで第一グループになった為PCS(演技構成点)を抑えられたとも考えられますが
ロシア女子はGPF出場人数を調整された感も否めない…
(ツルスカヤ選手がもし入ってたら6人中4人がロシア選手になるので)
こんな事を言うと樋口選手の出場にケチをつけてるようで不本意なんですが。。。

しかし…GPFはせっかく日本会場なのにリアルタイム放送ないんですね。
海外のライストで見るとしよう…
宇野vsネイサンめっちゃ楽しみです!ネイサン選手の最高難度か宇野選手の安定感か!
て感じですかね。しかしここで頑張りすぎても全日本もオリンピックも
あるわけで…別に今神演技券使わなくてもいいのよ。。。とも思ってしまいます。
(でも宇野君の地元名古屋での勝利を願わずにはおれない)
そして。全日本ジュニアの紀平さんですが…すごすぎた…!
あんな綺麗な3A(ひとつは3A3T2Tタノ三連(゜д゜))を1プログラムに2本とか!
3Aは真央ちゃん以降も公式でトライする選手数名おられますが
紀平さんがシニアに上がってきたらどうなってしまうんだろう。。。

すごい長文になってしまった…読んで下さった方ありがとうございます┏○))
posted by kano at 19:52| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする