2019年01月01日

画像置場。

日記に載せきれなかった画像の置き場(flickr)を設けました。
主に勘太や庭の写真になります。
特に日記に書く事がない時など、こことは別に更新していけたらと思ってます。
宜しければ覗いてやって下さい(ㆁᴗㆁ✿)   画像置き場

***写真(カメラ・レンズ)の話題が頻繁ではありますが、本来当ブログは写真の趣味に特化したブログではなく
当方の知識も浅く、覗いて下さる方も写真やレンズに詳しいわけではありません。
検索等で写真から辿り着いて下さる方もおられる事と思いますが、その点ご理解頂けますと幸いです。
posted by kano at 00:00| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

主にアジサイ

LUMIX GX7MK2 + cooke speed panchro 50o F2
P1020105
母が庭のアジサイでアレンジメントしたもの。
うちにはアジサイが大小合わせて50株あって殆ど母が挿し木で育てたそう。
母は草花に関わる仕事に就いたらよかったのに…という緑の手の持ち主ですが
私は全く引き継げなかったみたいで残念。。。
撮影は久々の初代パンクロ50。色んなレンズが増えに増えたけど
手持ちの中で五本の指に入る気に入ってるレンズの一つ。
小さい画像だと他との違いがそんなにわからないけど
オリジナルサイズで見ると花びらの感触まで想像できるような写りで
本当に凄いレンズだと思う。

P1020055
前回の画像ではまだ蕾だった品種不明の黄色いバラ。
場所は同じでどちらも日中の撮影だけど全然違う雰囲気で撮れました。

P1020012
ガクアジサイ。うちのアジサイの中で一番華やかで
写真を撮る際の日照的にいい位置にあるアジサイ。
実はスズメバチが巣を作ってた椿の前にありますが
無事父が駆除した後に撮りました( •́ .̫ •̀, )
見つけるのが早くて、兵隊蜂が巣立つ前の巣だったので何とか業者や役所の
手を借りる事無く駆除出来ました。
あの近辺をよくうろついてた5p近くありそうなデカいやつは女王蜂だったのかも。
最初は女王蜂が全部一人でやりくりするらしいです。
そして忙しいからか女王蜂の攻撃性は♂のスズメバチより少ないないそうです。
ご心配下さった方もいらして申し訳ありませんでした。(ありがとうございます!)

LUMIX GM5 + Lensbaby Composer Pro with Sweet 50
P1010681
↑のと同じアジサイを別レンズで。
珍しくオールドレンズじゃない現代のレンズです。
トイカメラみたいに色んな効果を備えたレンズを作ってる米国のメーカーで
今回ゲットしたものも、鏡胴が上下左右に曲げられるティルト式のもので
1カ所にピントを合わせた後、鏡胴を動かす事で
フォーカス部分以外のところがおもしろいボケ方をします。
漫画の集中線みたいにスピード感を感じるようなボケも出来ますが
あえてその効果は控えめに撮ってみました。それでも後ろの光が少し流れてて面白い

P1010754
全く鏡胴を動かさないで撮った一枚。普通に撮ってもなかなかいい感じに撮れる。
この蝶々、顔や等身がすごく可愛い。。。花は白アジサイ。

P1010692
前から興味があったレンズでしたが、何故かマイクロフォーサーズマウントのだけ
他マウントよりすごく安くなってて残り1個だったので買ってしまった…という
衝動買い的なきっかけでしたが、結構気に入ってます。
同メーカーの違う効果のあるレンズも欲しくなってきました

P1010715

nikonDF + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
DSC_5892
最後に勘太さん。
暑くなってきたのでベッドには乗らず肘だけかけて寝る事が多いです。
勘太は「自分の物」と思ってる物にはすごい執着を持ってて
ベッドカバーを替えたり外に干そうとすると、着いてきて監視されます。。。
特に文吾のお下がりの別荘(ホームセンターで買った既にボロボロのベッド)は
一度「捨てよっか」と母と話してるのを聴かれてしまったせいか
走ってくる勢いで監視されます・笑
posted by kano at 00:19| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

アジサイの季節到来…

nikonDF + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
DSC_5887
カシワバアジサイ
すごく久々にDFとAFレンズで撮影。
AFは便利だけどなかなか思ったところにピントが合ってくれなかったり
ズームレンズじゃないので寄れなかったりで
静物を撮るならやっぱり手動+ヘリコイド付きアダプタでのダブルヘリコイド使いの方が
いいなぁと思ってしまった
でもこのレンズはやっぱり好き。なかなか思うように撮れなかったカシワバアジサイが
やっといい感じで撮れた気がする

DSC_5880
ラベンダー
ピントが微妙だけど全体的な雰囲気は気に入ってる1枚

LUMIX GM5 + illuminar 25mm f 1.4 (peridot)
P1010624
品種不明のバラ。またilluminarで
この特徴的な玉ボケは飽きがくるのも早いけど
玉ボケ以外のところでたまに面白い感じで撮れるのでもうちょっと色々試してみたい

P1010613
アンジェラ

P1010608
ガクアジサイ

LUMIX GM5 + Cooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P1010598
ヒメヒオウギ

P1010577
キョウカノコ

P1010606-3
?

↑の三つの画像を撮ったレンズCooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P1010818
かなり使いこまれた感じのものですが、フィルターアダプター付きが魅力でゲット。
古いシネレンズは口径の情報が殆ど無いので、探したり試したりの手間や浪費を省けるのは
本当にありがたいです。
付いてたフィルターはモノクロ撮影用のオレンジフィルターだったので
UVフィルターだけ探してきました。

P1010827
実は小さなカビ持ちレンズなのを承知で買いました。
レンズの清掃を業者さんに頼もうと思ってたんですが、思いの外綺麗なレンズで
目視も難しい小さなカビがリアレンズに2個うっすらあるのみ。
すごくクリアで塵の混入も極小。
カビが広がるのが怖くて着けっぱや他のレンズと一緒に収納出来ないのが難点ですが
現状で十分使えるので、清掃に出そうか悩む。。。
今は密封容器に防カビ剤+乾燥剤を入れて仕舞ってますが
気に入ってるレンズなのでやっぱり着けっぱが出来るようにしたいなぁ

P1010842
同じTAYLOR HOBSON社のIvotal装着のPEN-Fと並べて撮影
カメラベース装着したのでGM5の小ささは…わかりにくいかな( •́ .̫ •̀, )

ところで。庭の椿の木にスズメバチが巣を作っててヤバい。
まだ小さな巣だけどこれって素人が処理できるものなんだろうか?

posted by kano at 00:00| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

雨ふり

LUMIX GM5 + Cooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P1010559
オオギボシ。
大きくて迫力のある植物だけど、どう写真に撮ったらいいか迷ってなかなか撮れなかった花。
雨で葉っぱの上に倒れてる様がファンタジーちっくな動物に…見えるような見えないような


P1010523
品種不明(品種がわからないまま植えたバラとのこと)
他にも数種、品種不明のバラがうちにありますが
確固たる個性のあるバラ以外は、色・葉っぱ・咲き方が酷似してるものがたくさんあるので
かなり詳しい人に実物を見て貰わない限りおそらくずっとわからないまま…
ツルシンデレラと似て一房に花がたくさん付くので華やかに見えるバラ。
華やかな反面、一房のうち一輪でも枯れて汚いと写真に撮りにくくなってしまうので
1、2個咲いて周りが蕾の時が一番撮り頃

雨がやんで即晴れてくれると水滴がキラキラして綺麗なボケが撮れるもんですが
残念ながら曇ったままだった
そんな天気なのに蜂が活発で使ったカメラも防水じゃないのでビクビクしながら撮影
スキンガードのおかげで蚊は大丈夫だった
posted by kano at 14:22| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

引き続き5月の花

LUMIX GM5 + illuminar 25mm f 1.4 (peridot)
P1010287
前回に引き続き、細工レンズilluminarで。
このバラ、庭のどの辺で撮ったか思い出せず、種類が不明です。
形を見比べる限りツルシンデレラっぽい??この色のバラが多すぎて。。。( •́ .̫ •̀, )
たぶん母に確認して貰えたら判明するかと…

P1010325
漫画に出てきそうな完璧造形のバラ、ツルシンデレラ。
咲き始めから満開までの過程それぞれで雰囲気が変わってゆき
且つどの形もそれぞれの良さがあって好き。
一塊でたくさん花をつけるのもゴージャス感あります。
咲きかけの頃も可憐な感じでいいけどこの最終形態(言い方…)も
華やかで撮りごたえあります。

LUMIX GM5 + KERN MACRO-SWITAR H16 RX 50mm F1.4
P1010466
キングというすごい名前のバラ・笑
名前はすごいけどアンジェラ辺りと似たタイプの小さなバラ。
株が結構大きくなってて見事なんだけど隣家に接した位置に咲いてて
今までなかなかうまく撮れなかった為、今回初お目見えです

P1010388
ホタルブクロ(白)。ピンクは昨年たくさん撮ったけど白は初画像だと思う。
実は紫もあり、紫の方が大きな株がいっぱいあるんですが
場所の問題とか画像映えの関係で紫だけまだ。。。
終わりかけてるので紫はまた来年にでも…

P1010433
アマリリス再び。今回のレンズMACRO-SWITARは
だいぶ前にゲットして外観なんかは紹介したものの
当時レンズお迎えラッシュだったりで、試写以降何故かなかなか使えずにいたレンズ。
ソフトなボケに定評のあるレンズですが、今回はこのレンズらしさはいまいち出せてないかも
これからたくさん使っていきたいです。

PEN-F + cooke IVOTAL 50o F1.4
P5230102-3
ウベコマチ。群生がすごく綺麗で可愛い超小ぶりなバラですが
アップばっかり撮ってしまってる…花一個一個も勿論可愛いんですけど


前回、牡丹と紹介したものがシャクヤクだったので訂正しました。
一応母に確認したりでできる限り花の品種名も書くようにしてますが
私自身全く植物に詳しくないのでたまに間違いますがご容赦下さいませ┏○))
そうこうしてるうちにそろそろアジサイの季節到来です。
今年こそカシワバアジサイを撮りたいけど…うまく撮れるといいなぁ

posted by kano at 01:15| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

変化球レンズ

LUMIX GM5 + illuminar 25mm f 1.4 (peridot)
P1010248-2
去年入手していた変わり種レンズをやっと使ってみました。
レンズの中にカッティングされたイミテーションの石が入ってるというレンズ。
もとはCマウントの凡庸なシネレンズ(TVレンズ)に上記の細工が施されていて
トイカメラちっくな風合いで撮れるというもの。
イミテーションの石にはペリドットの他にも数種ありましたが
被写体の色味があまり損なわれず効果を楽しめるペリドットを選びました。
バラはツルシンデレラ。

P1010316
中の石が反射して通常のレンズでは発生しない感じの変わったフレアやボケが発生します。
なかなかうまく撮れず終わりかけになってたシャクヤク。何とか撮れました

P1010265
名前が出てきそうで出てこない花…何だっけ

P1010280
アンジェラ。今庭で最も満開のバラ。小ぶりだけどものすごく大きな株になってます
…が、全体が撮れてなくて伝わらない( •́ .̫ •̀, )

P1010229
ピエール・ド・ロンサール
このレンズにしては大人しめに撮れた1枚。
トイカメラちっくではあるけど、フォーカス部分はしっかり撮れるので
オリジナルサイズで見ても破綻無く、メリハリもきいてて面白いレンズだと思う。
またたまに使ってみたいです
posted by kano at 01:33| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

花 * 5月

LUMIX GM5 + Cooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P1010138
アマリリス
去年は鉢の位置がイマイチでうまく撮れなかったアマリリス。
鉢は一人で運べないぐらい大きなもので赤白混色と赤の二種で一鉢。
今回は西日がいい感じに照るところに鉢があったので面白い感じに撮れました。
kinicのグルボケ背景もなかなか効果的

P1000591
クレマチス
こっちはkinicにしては珍しくグルボケ控えめ。F4ぐらいに絞って撮ったと思うので
花もパキッと写ってます

LUMIX GM5 + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot
P1010094
ハンス・ゲーネバイン
すごく可愛いバラですが、傷んでくると紫の斑点が出てくるので綺麗な時期が短い

P1000785
イチゴ

P1000720
ナデシコ系

P1010032
エケベリア

P1000841
セッコク。前に母が「こんな大株に育ってるのは珍しい」と自慢げに持ってきたのに
当時6分咲き、且つ全体がうまく撮れなかったのでリベンジ。
満開になるとなかなか綺麗でした。

P1000873
バラ(品種不明)
改めてBiotarの写りは多様で好き。撮ってる時はそれ程じゃなくても
撮れたものを後で見た時にいいなぁ、と思えるものが多い気がする
色味やコントラストも良くてほぼ撮って出しです。

PEN-F + cooke IVOTAL 50o F1.4
P5190020
アンジェラ
今回初撮りのCooke Ivotal。kinicの画像を見て回ってる時に
こっちのレンズの作例群もかなり気に入ってしまい、入手。
CマウントからライカMマウントに改造されたものなので
ヘリコイド付きライカMアダプターと合わせると更に寄れて満足。

P5200085
パレード

P5102037
ラベンダー

P5102012
ウベコマチ

P5112159
?

P5200061
レインボー・リバー

P5102034
?

P5102052
レースフラワー

P5200066
イチゴ
植物としてじゃなく、初めて果実として美味しそうにとれたかも…な1枚・笑
Ivotalもボケとフォーカス部分のメリハリが絶妙で
なんてことない被写体がいい感じに撮れる確率高し…すごく気に入ってます

posted by kano at 21:53| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

花 * 詰め合わせ2

LUMIX GM5 + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot
P1000512
クレマチス

LUMIX GM5 + Cooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P1000670
ラナンキュラス

P1000699
ラナンキュラス

P1000639
セッコク
写真を撮ってたら母が撮って欲しそうに持ってきたこの花(鉢植え)
こんなに大株に育ってるのは珍しいと自慢げだったのに
株全体がわかりにくい写真でごめん。。。( •́ .̫ •̀, )
「東北地方南部以南の山地や岩場に見られる小型の着生ランでデンドロビウムの仲間」とのこと。
見た目割と地味ですがちょっとレアな蘭みたいです
蕾はギンギアナムに似てカシューナッツみたいでおいしそう
posted by kano at 19:25| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

花 * 詰め合わせ

LUMIX GM5 + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot
P1000252
近場の公園付近のゲートボール場の藤棚。
近場と言っても車で15分ぐらいの場所。久々に勘太を連れて行ったついでに…
というか、そろそろあそこの藤が咲いてる頃だなーとついでに勘太を( •́ .̫ •̀, )

P1000261
野生の山藤の方は終わりかけでしたが、こちらは一番見頃でした。
白いのもあったけどそっちはいまいち満足に撮れなかった。白い花って難しい。。。
今回はBiotarをつけたGM5を持っていきました。
コンデジサイズの小さなカメラなので楽々持ち歩ける。軽いっていいな

以下、庭です。
P1000449
ジャーマン・アイリス。咲き始めで一番綺麗ですが
群生だとちょっとグロめに見えるので単体で。それでもデーン。べろーん。て感じ…
色調節無し。微妙な色だけど見たままの色で撮れてると思う。

P1000444
正式名はわからないけどオダマキの一種かな

P1000420
カッコウセンノウ。
Biotarのボケは特徴がないようなあるような…
ただ他のレンズよりちょっと好みに撮れる事が多い気がします。

LUMIX GX7+ cooke speed panchro ser.U 40oF2
P1920132
安定のパンクロ40。
多少調整でハイライトを抑えたけど撮って出しでもいい感じだった。
花はシンビジューム

P1920151
デンドロビウム。
ピントは真ん中の巻いてる花弁のトゲトゲに合っている…

LUMIX GX7MK2 + MeyerOptik TRIOPLAN 75o F2.8
P1010516
ちょっと前に撮ってたスノー・フレークと水仙。
トリオプラン75も好みに撮れる事が多くて相変わらずつけっぱです
posted by kano at 05:56| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

撮りだめ色々2

LUMIX GX7 + Cooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P1910861
パンクロと同じイギリスのメーカーTaylor & Hobson社のCooke Kinic
久々にすごく欲しくなったレンズ。
デフォルトでぐるボケするレンズは他にも結構あるけど
このレンズはフォーカス部分のシャープさや描写が抜きん出てて
ぐるボケが癖というより効果っぽく感じられる

P1910863
同じKinic 25o F1.5 でもノンコートとコーテッドの2種類ある。
発色が鮮やかなコーテッドの方をゲット。
鏡胴のデザインもコーテッドの方が好みだった
今回の画像も微調整のみのほぼ撮って出しですが色のりがかなり鮮やかです
でも引きアングルだとちょっと酔いそうな程のぐるボケ…( •́ .̫ •̀, )


P1910884
やはりぐるぐるしている


PEN-F + Cooke Kinic 25o F1.5 coated ver.
P4101935
ここからはボディがPEN-Fの画像。
PEN-Fで気に入ってるエフェクト、ビンテージVという
ちょっとアンティークな風合いで撮れる効果をつけて撮ったクリスマスローズ。


P4101912
エフェクト無し。開放かちょっと絞っただけでも結構シャープに撮れる。
寄れるので花やテーブル上の小物や料理を撮るのにも適してます。
初めてテスト撮りしたのは机の上のマウスだったけど
そんなどうでもいい被写体でもこのレンズはすごい!と思えるものがありました。
花の画像もいいけど、実は他の方が撮った暗めの室内でのグラスや料理なんかの画像が
特に気に入ったのもあったので、今度はそういうのも撮ってみたい。
フォーカス部分の存在感?立体感?というか目の前にあるような生々しさが秀逸なのです。

P4101923
シャクナゲ。
これは一個奥の花のしべにフォーカスが合ってるので一見ボケてるけと
ボケてる部分もなんかいい。そして色が本当に鮮やか。

いつも「これは…」というレンズを見つけた時は
色んな方がそのレンズで撮った画像を見まくります。
(お一方のだけだと単にその画像を撮った人の腕がいいだけかもしれないので)
このレンズは誰の作例を見ても気に入ったので間違いない!と思い入手してみましたが
期待通りだった! 鏡胴も小さくて軽くてカッコいいので気に入ってます。


ところで。
前回の仕事で初めてハズキルーペを使ってみましたが…
もうこれ無しでは描けない…と思うぐらい捗った(特にペン入れとトーン貼り)
20〜30pくらいに焦点が合う1.85倍のものがデスクワークにはベストです。
が…細かいとこも見えすぎて一生懸命やってしまうので
目も神経もいつもより疲れた気がする。
後でドッと疲れがやってくる感じがまるでドーピングか麻薬をやってるよう。。。( •́ .̫ •̀, )
あと机から目をはなすとクラクラして酔いかけたこと度々。
ずらし気味にかけて、机以外を見る時は常に上目でルーペを通さないように見るようにして
何とかなりました。慣れが必要かな…
車の免許更新時に左目の視力がかなり落ちてるのがわかったので
いよいよ眼鏡かなーと思ってましたが、とりあえずハズキルーペで仕事は何とかなりそう

posted by kano at 23:27| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

撮りだめ色々

LUMIX GX7MK2 + MeyerOptik TRIOPLAN 75o F2.8
P1010651
カイドウ

P1010672


P1010450
スノーフレーク

P1010462
ムスカリ

P1010432
アネモネ

LUMIX GM5 + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot
P1000128
ムスカリ

LUMIX GX7MK2 + cooke speed panchro ser.U 40oF2
P1010360
?

LUMIX GX7 + MeyerOptik PRIMOPLAN 58o F1.9
P1910789
ハナニラ

P1910782
ユスラウメ

P1910733
チューリップ
posted by kano at 20:42| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

あったかくなってきた

LUMIX GX7MK2 + cooke speed panchro ser.U 40oF2
P1010170
椿。やっと庭が徐々に賑わってきました。

P1010220
ヒヤシンス。

P1010254
ムスカリ。
今回はGM5より前に仲間入りしていた同じLUMIXのGX7MK2にパンクロ40を装着。
GX7と言えばMK3(markV)が発売されました。画素数が向上してPEN-Fと同程度になったり
GX7にあってGX7MK2では不採用だったチルト式ファインダーが復活したり
ちょっと心惹かれる部分もありますがGX7MK2のコスパが素晴らしかっただけに…うーん。
型落ちとなったGX7MK2は今後益々リーズナブルになってくると思うので
軽くて機能が充実してて簡単で安い一眼なら触ってみたい、という方にお勧めかと。

-------

フィギュア世界選手権終わってしまいました…
兎にも角にも男女3枠確保良かった!
五輪直後の世選なのである程度、選手の疲れや不調などは覚悟して見てましたが
ここまでの自爆大会になってしまうとは。。。
特に、宇野君が万全だとしても3枠は難しいかも…と思っていた男子ですが
(3枠確保…出場選手上位2名の順位合計が13以内)
宇野君の怪我がショックで見るのが怖すぎた…
結果、宇野君フリー、終盤のコンボ三つの根性降りと
友野君フリー、パーソナルベスト約20点越え(!!)の覚醒に感動しきりの男子シングルでした。
久しぶりに泣きました…
自国の選手をどうしても優先して見てしまうのでそれは本当に嬉しくて感動的だったのですが
上位選手がネイサン選手以外大崩れだったのはやっぱり、何というか切ないです。
ヴィンセント・ゾウ選手は腰を痛めてたと聞きますし
ボーヤン選手ももしかすると足の故障をぶり返していたのかも…
コリヤダ選手含め、休み無く出場してきた選手達の疲労は相当のものだった事かと。
それは靴の消耗も同様で、今回靴を新調した宇野君だけでなく
田中君も靴の破損など問題を抱えてたようです。
(そういや昨年はネイサン選手が靴による不調でメダルを逃してしまったのでした)
靴…怖い。
しかしながら、皆同様の条件下の中、崩れを最後まで引っ張らずに銀メダルの宇野君
急遽決まった出場で最高の演技を繰り出してくれた友野君五位入賞、本当におめでとう!
期待の星・山本君の故障もあり、宇野君以降の日本男子はどうなっていくんだろうという
不安がありましたが(皆素晴らしい選手ですが、男子は四回転数種+安定感が必須なので
どうしても楽観視できず…)今回の友野君の大舞台での覚醒にはものすごく
明るい未来を感じました。日本男子すごい!!

そして女子!
実はフリー第三グループから生で見始めましたが
樋口選手の前に寝落ちしてしまい、次に目が覚めた時はオズモンド選手が
いい演技をしている最中で、樋口選手はどうなったんだろう!?宮原選手を見なきゃ!
と思いつつそこでまた寝落ちてしまい、次に目が覚めた時には表彰式でした(痛恨すぎる睡魔)
そして表彰台の樋口選手と宮原選手を見て夢かと思いました。。。
コストナー、ザキトワ両選手は!!??
こんな事ってあるんだなぁ…と。特にあの大荒れの男子以前の試合だったので驚愕しました。
すぐに樋口選手と最終G選手の動画を漁り、特に樋口選手のは何度も見ました。
あの嵌まりプロの完成を大舞台で見られた事に感動…!
宮原選手は珍しい転倒で銀を逃してしまった点、悔しくあるとは思いますが
五輪であれだけ出し切った上でこの安定感を保てるのはやはりエースだな、と。
男子以上に層が厚い女子にとって喉から手が出るくらい欲しい3枠を
しっかり奪還してきた両選手に感謝です!銀・銅メダルおめでとう!
早くも今年の全日本が楽しみです。自ら枠を勝ち取ってきた両選手には
来年の世選にも是非行って欲しいけど…坂本選手三原選手本田選手紀平選手…
全く読めない。。。
いずれにしても、今季より1枠増えてチャンスが広がるのは本当に嬉しいですな。

ところで。昨日TVより一足先にエキシビションのライストを見たけど
何故友野君がおらんのや…見たかった…
posted by kano at 16:47| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

LUMIX GM5

LUMIX GM5 + XENON 25mm F1.5(C mount)
P1000076
散髪してきたばかりの勘太さん。
いつもかしこいかしこいとめっちゃ褒めてくださるトリマーさんから
今回は「この子人間みたい」というお言葉を賜る。
親ばかだから嬉しい( •̀ .̫ •́ )✧
画像は生活感漂う室内をごまかす為モノクロ近くまで彩度を落とした加工をしてます

P1000081
カメラにストレスを感じて欠伸( •́ .̫ •̀, )
犬は眠い時の他、ストレスを感じてる時にも欠伸をすると言われてますが
たぶんこれはストレス欠伸。。。

以下、オタ話…
P1910694s.jpg
2014年発売のLUMIX GM5を中古で入手。コンデジにしか見えない掌サイズですが
こんなに小さいのになんとGX7とかなり近いスペックのミラーレス一眼です。
ボディ内手ぶれ補正がついてないのが弱点だけど静物を撮るなら
オールドレンズのボディとしても結構使えます。
(と言いつつ、最初に撮ったのは勘太さんでしたが…)
この小ささでファインダーまでついててすごい。
操作は慣れたGX7とほぼ同じなので使いやすいです。

P1910704
GM1(GM5からファインダーをとったのがGM1)やGM5は
残念な事に後継機が出てません。
手ぶれ補正がついた後継機…出ないだろうか?

小さなシネレンズにはぴったりのサイズです。
今回はうちで一番小さい指でつまめるサイズのXENONのCマウントレンズを装着。
このレンズをつけると大きさがわからなくなってしまいますが
GX7やPEN-Fと並べるとまるでミニチュアみたいです。

本来この機種は手ぶれ補正のついたAFレンズで使うのが一番適してるんですが
暫くはオールドレンズのボディとして色々試してみるつもり
手ぶれ補正付きのキットレンズも一緒にゲットしてるので
いつかはAFでも使ってみたい。
posted by kano at 04:12| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

画像と近況

PEN-F + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot
P2211696
ビオター40o、結構好きで暫く装着してます。

P2271798

P3041859


P3041828
誕生日にメールやメールフォームからメッセージ下さった方々、
そして編集部宛にお手紙やプレゼントを下さった方々、ありがとうございました!
直視したくないのか、単にボケてきてるだけか
正確な自分の歳がわからなかったりしますが…幾つになっても祝って頂けるのは
とっても嬉しいです❀.(*´◡`*)❀
画像は担当さんから頂いたお花。ものすごく可愛いのでウキウキ撮りました^^*

-----------

ちょっと前に「ゲーム・オブ・スローンズ」という洋ドラマに嵌まりました。
ファンタジーや洋ドラマは頭がついていかなかったり名前を覚えられなかったりで
特に登場人物の多いこのドラマは一話目で躓きそうになりましたが
ファンタジーの度合いが程よくて素敵なキャラが多くて次第にのめり込みました^^
かなり残酷だったりグロなシーンも多いんですが、その辺りの容赦の無さが
常に緊迫感のある世界を造り出してて好き。
でも来年と噂されるシーズン8で完結らしく残念。
7まで見終わって特に好きなキャラは
ハウンド、ブロン、トアマンド、ティリオン、ブライエニー、
王妃マージェリーの祖母(名前忘れた…)かな。好きな順です。
特に主役というキャラがいなくて(なんとなくジョン・スノウかなーとは感じる)
色んなキャラの視点でサクサク話が進んでいくのが楽しい。
posted by kano at 00:43| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

2本目のrobotマウントレンズ。

OLYMPUS PEN-F + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot
P2201598
Schneider XENONに続いて2本目のrobotマウントレンズを入手。
Carl Zeiss Biotar 40o F2で撮影。
既に持っているロシアレンズHelios-44Mや44-2は、このBiotar(ドイツレンズ)の
コピーだと言われてます。そう言えばボケ具合が似ているような。

P2211678
少し彩度低めのグリーンがかったような画像は、PEN-F内蔵のエフェクト使用。
少し古い写真のような風合いになります。

P2211663
花はラナンキュラス。上の赤いのと色違いになります。

P1010070
OLYMPUS PEN-F + Carl Zeiss Biotar 40oF2 robot (撮影: LUMIX GX7MK2 + Jupiter-3 50oF1.5)
同じrobotマウントのSchneider Xenon 40mmF1.9より一回り小さな鏡胴。
外観はかなり綺麗だけど光学はほんの少し薄曇りがあるかな。
手に入りにくいレンズなので許容範囲

P1010082
コピーレンズと言われるHelios44Mや44-2はレンズがゴツくて重たいので
ミラーレスにはこのサイズの方がありがたい。
指標がカラフルでロゴが可愛いのもrobotレンズの魅力。
XENONの純正フィルタやフードが流用できるのを期待してましたが
XENONより小さかったので口径を計ってみたら、33o!
つい先日TRIOPLAN75の為に33oのフィルタやフードを入手したばかりなので
試してみたところピッタリでした。同じシルバーで見た目も違和感無し。

posted by kano at 15:50| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

フィルターをつけたいという拘り…

***マニアックなオタ話なのでスルー推奨です^^;最後にちらっとオリンピック話してます
PEN-F + Xenon 40mm F1.9 Robotで撮影
P2131351
貧乏性だから極力レンズが汚れないように使いたい…というのもあるんですが
このレンズ(TRIOPLAN75)は1933年生まれの古いレンズでノンコートなので
できればUVフィルタをつけたいところ。
フィルタサイズが31oという超マイナーなサイズだという事はつきとめ済なので
あれこれ探してたわけですが…

P2131358
この二本のレンズ、同時代の同型(同じTRIOPLAN75oF2.8でも形が違うものがある)なのに
個体差により、新しく入手した方には一部の30.5oが流用でき
1本目に入手した方は30.5oが小さすぎて嵌まらない事が判明。
ドイツ製にしてはらしくない大きな個体差です。
30.5oは割とポピュラーなサイズで普通に日本のカメラ屋でも手に入るので助かる。
でも同じレンズなのに同じフィルタやフードが流用出来ないとはちょっと悩ましい。。。
…という事で、31oのフィルタアダプタ(ステップアップリング)を見つけたので入手してみた。
これでどっちにも同じものがつくはず!そしてよりポピュラーな34oか37o辺りが
使えるはず!!と思ったのですが…
このフィルタアダプタ自体が古い時代のものなのでまた難しいサイズにステップアップ
しただけだった。今度は33o( •́ .̫ •̀, )
31oよりは手に入りやすいものの、これだってなかなか無い。
特にUVフィルタはなかなか市場にも出てこない。
…と思ってたら、以前PO3-3Mのアレコレを探してた時に買って失敗した
33→37oのステップアップリングを持ってた事を思い出しました。
そんなわけで、ステップアップリングの重ね付けで現代に市販されてるサイズが
つくようになったわけですが。。。

思い出したのが遅く、これまた古い33oのスカイライトフィルタとフードを
買ってしまってた( •́ .̫ •̀, )→画像はこの仕様。
フードがなかなか綺麗でカッコいいので暫くはこれで使ってみる事に。

古いレンズを自分好みの装備にしようとすると結構大変なのですが
(特に私が好きなのは古いシネレンズなのでフィルタサイズが大抵不明)
探してるうちに色々失敗しつつも発見があって楽しい。
今回は…
◆昔のカメラアクセサリメーカーはフィルタ経の近いものをまとめて
シリーズナンバーで分けていたっぽい
◆シリーズナンバーでの分類は他メーカーも共通で、メーカー違いでも
シリーズナンバーを合わせれば互換する場合があるっぽい
…というあたりが何となくわかりました。
今回はtiffen社のフィルタアダプタが「シリーズ5」だったので
enteco社のシリーズ5のフードを博打で買ってみました(口径表示は無かった)が
ぴったりだったのでそういう事かな…と。

もしかしたらこのアレコレ探してる時が撮影以上に楽しいのかもしれない。。。
オタク気質というかコレクター気質というか…女の趣味としてはどうなんだろう
という自覚は一応あります(´・ω・`)

オリンピックのアレコレを書きたいけど既に長文になってるので箇条書きで
・宇野君のセンセーショナルなオリンピックデビュー!すごい!
・シングルまで間もない中チャン選手とコリヤダ選手の連投に驚き。両国の本気度が伝わってきた
 二人ともフリーで挽回できて嬉しいメダルになって良かった!
・宮原さんの得点に疑問。。。
・未来ちゃんの3A!!素晴らしい
・日本勢の皆が団体の経験を活かしていい結果が出せますように!
 (須崎・木原ペア、フリー進出ならずでしたが、シーズンベストおめでとう!
 ペア結成から間もない二人のこれからに期待)
・他競技で続々メダル獲得!嬉しい。フィギュアもあやかれますように(-人-)

今更だけどオリンピックでブラウン選手が見れないのは残念だなぁ
posted by kano at 19:18| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

冬ですな

LUMIX GX7MK2 + MeyerOptik TRIOPLAN 75o F2.8
P1000801-1
サンゴバナ。今日ありつけた被写体はこれだけ…
庭がさすがに閑散としてきました。
あとはサザンカくらいかなぁ。サザンカは一度撮ってるので
よっぽど違う雰囲気で撮れない限り上げる気にならず。。。

P1000811-2
カメラについてるエフェクト使用。グリーンがかった色調で撮れる。
エフェクトの中でも気に入ってる効果

P1000666-1
寄れるのが嬉しくてバラもアップに。
バブルボケだけじゃなくてこういうトロンとしたボケもいけるトリオプラン75
楽しい…

前回画像多すぎて控えましたがフィギュアGPFの話を。
同日の女子ショートが神ってるのを見て男子フリーに波乱の予感を感じましたが
(女子がいい日は男子が崩れる、の法則)
その通りの自爆大会になってしまいました…( •́ .̫ •̀, )
笑顔で終れたのはヴォロノフ選手だけっていう。。。
まだ皆大事な国内戦・オリンピック・世選を残してるのでこれでいいのかもしれないけど
こう自爆続きだとさすがにすっきりとした気持ちにはなれなかった^^;
とは言え宇野選手二位おめでとう!ラストのジャンプにコンボつけてリカバってれば…とか
そもそもショートで滑り始めが遅れなければ…とかタラレバせずにはおれないけど
以降同じミスは起きないだろう事を考えると、これで良かったのかな。
女子は繰り上がりで出場した宮原選手がとっても好調で明るい兆し。
樋口選手もフリーは残念でしたがきっと全日本前に大舞台で得られたものは
大きかったかと。しかしやはりロシアには届かない…というのは残念だなぁ
紀平さんもJGPF女子で日本人一人という中健闘してくれましたが
ロシア女子恐るべし…
ですが男子が!須本選手が三位という朗報。なんとか宇野君に続く選手となって
欲しいものです。おめでとう!
仕事中につき全日本は全選手観る事は出来なさそうですが楽しみ。
posted by kano at 17:24| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

秋庭8

LUMIX GX7MK2 + MeyerOptik TRIOPLAN 75o F2.8
P1000630-1
ネリネ。ちょっと引きで。
大量のバブルボケでトリオプランらしく撮れた一枚

P1000592-1

P1000601-1
苦手な方もおられるだろう…という事でちょっと小さめに。

P1000574-1
シクラメン

P1000544-1
我が家のもみじ。

P1000526-1


PC171237-1
LUMIX GX7MK2 + MeyerOptik TRIOPLAN 75o F2.8
好きすぎて2本目を迎えてしまったトリオプラン75。
本来Cマウントですが、ものすごく稀少なCマウント→ライカMアダプター付きで
正直このアダプター目当てにゲットしました。
レンズの状態もすごく良いものだったので後悔なし。

PC171235
C→ライカMアダプターは市販のものがなく、個人でわざわざ作られたものになります。
このレンズでもっと寄りたい!あとレンズ自体のヘリコイドが結構使い辛い…と思ってたので
ライカMアダプタ(ヘリコイド付き)→マイクロフォーサーズアダプタ(ヘリコイド付き)の
ダブルヘリコイドで使えるようになってすごく扱いやすくなりました。
かなり自在に寄れるようになり、撮影時のストレスがないので
これまで以上にこのレンズの使用頻度が増えそう^^

↓これが同じレンズ(1本目)の通常のCマウントでの使用状態
1本目もかなり状態の良いレンズなので、もうちょっと個体差を吟味した後
どちらかに絞る事が出来たら片一方を売るかなぁ…
DSC_5317-1
ライカMのアダプターに乗せる時はレンズの先っぽだけを外してアダプタに装着します。
今後他のCマウントレンズ+ライカMアダプターも試してみるつもりだけど…
このレンズ専用に作られたアダプタなのでどうだろう?
とにかくCは寄れない、という点がネックだったので
いくつかのレンズでこれが改善してくれたらすごく嬉しいんですが。

posted by kano at 15:18| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

秋庭7

LUMIX GX7 markU + cooke speed panchro ser.U 40o F2
P1000458-1
バラ(パレード)。 レンズは使用頻度一番のパンクロ40
寄れるしコンパクトだし、かっちりした記録写真から美麗ボケまで何でも撮れるレンズ。
個人改造品ですが、こんなに軽量コンパクトで扱いやすいパンクロ40はほんとに珍しいと
思うので今でもお譲り下さった方には感謝感謝です。。。

PEN-F + KMZ PO3-3M 50oF2
PB271051-1
ネリネ。レンズは2本目のPO3-3Mです。
ヘリコイドアダプターで使いたくなってしまい
L39マウントの物を改めて入手→ライカMに変換してヘリコイドアダプターに乗せました。
今回のPO3-3Mはレンズ自体のヘリコイドもスムーズで扱いやすい。
でももしかしたらフォーカスの精度的には1本目の方がいいかも。
1本目もL39改造ではあるけどそこに着脱不可の状態でマイクロフォーサーズの
アダプターがついてるんですよね…(接着剤で固定してるっぽい)
1本目入手当時はL39の有用性に気づいてなかったから
手っ取り早くつくマイクロフォーサーズマウントに飛びついてしまったのだった。。。
1本目も気に入ってるけど、やっぱ寄れないと面白さが半減してしまう

PB271194-1-2
サザンカ。よく見ると蜂が顔出して覗いてます。

LUMIX GX7 + MeyerOptik TRIOPLAN 75o F2.8
P1910436-1
ナンテン(葉のみ)

P1910516-1-2
小菊。実はこのトリオプラン75oも2本目の到着待ち状態です。
トリオプランの王道はM42マウントがある50oや100oで
Cマウントのこのレンズは古くて(1933年製造)ノンコートだし
フォーカス精度的にもそれ程でなく、マニアックな部類かと思うのですが
何か妙に気に入ってます。目視で見るのと違う空気感や質感が出るというのかな…
2本目もかなりいい状態のものなので個体差も含め楽しみ。

…突然ですがまたフィギュアな話。
宇野選手・樋口選手、GPF出場決定めでたいですね!
特に樋口選手は最後の最後まで出場決定成るかわからない状態だったので
決まった時は嬉しかった。
直近のGPS最終戦スケートアメリカは…リアルタイムで見れず動画で
気になる選手のみ個別で見た状態ですが
色々ありすぎて驚きました…より高度な技術が要求されるようになり
選手それぞれの疲弊もあったのでしょうが
これは…リンクが呪われているの? と思うくらいでした(特に男子)
とりあえずリッポン選手は滑りきり、台乗り良かったですな。
女子はN杯の鬱憤をはらすような宮原選手・坂本選手のワンツーフィニッシュで
良かったですね!二人の頑張りが樋口選手のGPF出場を助けた形にもなってて
よかったよかった…
ちょっとだけ気になったのはツルスカヤ選手のフリーの得点が低すぎた気がする点。
ショートのミスで第一グループになった為PCS(演技構成点)を抑えられたとも考えられますが
ロシア女子はGPF出場人数を調整された感も否めない…
(ツルスカヤ選手がもし入ってたら6人中4人がロシア選手になるので)
こんな事を言うと樋口選手の出場にケチをつけてるようで不本意なんですが。。。

しかし…GPFはせっかく日本会場なのにリアルタイム放送ないんですね。
海外のライストで見るとしよう…
宇野vsネイサンめっちゃ楽しみです!ネイサン選手の最高難度か宇野選手の安定感か!
て感じですかね。しかしここで頑張りすぎても全日本もオリンピックも
あるわけで…別に今神演技券使わなくてもいいのよ。。。とも思ってしまいます。
(でも宇野君の地元名古屋での勝利を願わずにはおれない)
そして。全日本ジュニアの紀平さんですが…すごすぎた…!
あんな綺麗な3A(ひとつは3A3T2Tタノ三連(゜д゜))を1プログラムに2本とか!
3Aは真央ちゃん以降も公式でトライする選手数名おられますが
紀平さんがシニアに上がってきたらどうなってしまうんだろう。。。

すごい長文になってしまった…読んで下さった方ありがとうございます┏○))
posted by kano at 19:52| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

秋庭6+α

LUMIX GX7 markU + cooke speed panchro ser.U 40o F2
P1000388-1
もみじ。買い物帰りに近所の公園で。

LUMIX GX7 + MeyerOptik TRIOPLAN 75o F2.8
P1910202-1-2
ニューウェーブ。

P1910343-1-2
シクラメン。

P1910251-1
ヒメツルソバ。ちょっと引きで群生の様子を

P1910264-1
ネリネ。(咲きかけ)

仕事場の寝床(ソファ)を快適にしようと
暖かいと噂のポーラテック素材の毛布を買ってみた。
少し値は張るけど薄いのにあったかい!
室内で羽織る上着もポーラテックにしようと探したら
アウトドアやスポーツ系の割とピタッとしたものしかなくて
これは…!と思ったのが米軍の特殊部隊が着るデッドストックものだった( •́ .̫ •̀, )
どてら代わりにして申し訳ない気がするも。。。やはり暖かい。
posted by kano at 23:04| カメラ・レンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする